北樹出版の大学教科書

北樹出版の大学教科書

検索結果

159 件 (2130件目 - 3P/全16P)

 

変動社会と子どもの発達
教育社会学入門
住田正樹編著
高島秀樹編著
価格: 2,100円+税
教育社会学のテキスト。子どもの発達過程に焦点を絞り、発達過程に関わる基礎知識の習得を目的に、子どもの発達過程に関する基本的な考え方について述べ、次いで子どもの発達をめぐる現代的状況と子どもの問題行動について論考した。

»詳細を見る
 

社会がみえる社会学
時代と共に生きる社会学理論
宇都宮京子編著
小川祐喜子編著
価格: 2,100円+税
ヴェーバー、シュッツ、ジンメル、クーリー、ミード、ブルーマー、マルクス、マンハイム、バーガー、ルックマン、デュルケム、パーソンズ、マートン、ルーマン、ソシュール、レヴィ=ストロース、ブルデュー等の社会学の主な理論を初学者にもわかりやすいようなるべく身近な具体例や現象に引き寄せつつ、解説を行ったわかりやすいテキスト。

»詳細を見る
 

ファッションビジネスの文化論
内村理奈編著
価格: 2,300円+税
今日のファッション業界における経済優先とグローバル化による伝統文化軽視への危機感を背景に、服飾の多様なあり方を再発見し、日本発のラグジュアリーの可能性を示す。学生・業界人必読のテクスト。

»詳細を見る
 

くすりと社会
小松楠緒子編著
川北晃司編著
価格: 1,900円+税
医師・薬剤師・研究者・医療事故被害者・薬害被害者等くすりをめぐる専門家や当事者が展開する社会の現状を理解し、6年制教育がめざす薬剤師に求められる新しい役割を考える。薬学部必読のテキスト。

»詳細を見る
 

放課後の社会学
大多和直樹
価格: 1,900円+税
渋谷、ディズニーランド、鉄道、ケータイ、音楽、学校、労働等、身近なテーマを切り口にそれらの事象を社会学的視点から捉えなおす。初学者読者の視点の転換を図り、学びの楽しさを伝える好入門書。

»詳細を見る
 

ジェンダー学への道案内[四訂版]
橋 準
価格: 2,100円+税
ジェンダーの基礎概念・思想の歴史を概説すると共に、最新の研究動向を盛り込みつつ、労働、家族、セクシュアリティとジェンダー・アイデンティティなどを様々な角度から焦点を当てて分かりやすく論考。また、今回の改訂で第6章「困った時の、何頼み?―災害とジェンダー/セクシュアリティ」を加え、災害時のジェンダー、セクシュアリティの問題、また非常時だからこそ見えてくる根本的な問題を考究。新たな社会づくりに向けた展望をも示した意欲作。

»詳細を見る
 

マスコミュニケーションの新時代
叢書 現代の社会学とメディア研究 第4巻
小田原敏編著
アンジェロ・イシ編著
価格: 1,900円+税
これまでのマスメディアの問題を分析しつつ、現在コンテンツ文化が我々にもたらしているもの、メディアテクノロジーの変化から見えるものを考察。更にこれからのマスコミュニケーションの展望を示す。

»詳細を見る
 

メディア・リテラシー論
ソーシャルメディア時代のメディア教育
中橋 雄
価格: 2,200円+税
メディアの特徴を捉えた上で、現代社会に欠かすことのできないメディア・リテラシーについて具体的な事例や教育実践事例を交えながら理論的解説を行う。メディア・リテラシー教育の新しい実践や教材開発も紹介。

»詳細を見る
 

女性たちのチャレンジ
過去・現在・未来
佐瀬一男
栗原淑江
価格: 2,400円+税
なぜ女性の視点や発想、生活感覚は社会や思想に反映され難いのか――歴史をひも解きながら、従来の女性学を男性も貢献すべき人間学と位置づけ、現代社会における真の「女性の解放」を問う挑戦の書。

»詳細を見る
 

メディア技術史
デジタル社会の系譜と行方
飯田豊編著
価格: 1,900円+税
メディアの萌芽、活版印刷・幻燈からケータイ・コンピュータの最先端まで、技術の歴史を紐解くことにより、人間の文化を捉え、我々の今とこれからを考える。

»詳細を見る

AmigoDatabase - 管理