北樹出版の大学教科書

北樹出版の大学教科書

検索結果

181 件 (2130件目 - 3P/全19P)

 

子どもの心を育てる最前線[第3版]
加藤 いづみ
鈴木 悦子
価格: 1,900円+税
保育系、教育系、福祉系などの分野で学ぶ学生や社会人の初学者のために、教育現場や臨床現場などで幅広く活用できるように心理臨床の全体像を平易に解説。母親の心理や女性特有のストレスについても、深く理解できるようにまとめた入門書。DSM-5の改訂に伴い加筆修正を施した改訂版。

»詳細を見る
 

子ども家庭支援の心理学【第3刷】
原信夫・井上美鈴編著
小栗貴弘・松倉佳子・佐藤ちひろ・青木弥生・設楽紗英子・守巧・安西冬樹・磯村陸子・渡邉智之
価格: 2,100円+税
2019年度新保育士養成課程のテキスト。子どもとその家庭の支援に向けて、包括的理解に必要な基本知識を解説。保育を学ぶ学生のほか、生涯発達や家族・家庭支援、子どもの精神保健領域に関心があるすべての人の学びに役立つ一冊。

»詳細を見る
 

保育の未来をひらく 乳児保育
細井 香編著
価格: 2,000円+税
保育士養成課程の新カリキュラムに対応した乳児保育のわかりやすいテキスト。理論解説に現場の視点も盛り込み、キャリアアップ研修、保育士試験対策にも最適。

»詳細を見る
 

法学のおもしろさ[第3版]
山本聡
価格: 2,500円+税
かちかち山と刑罰、J−POPと社会規範、安部公房と所有、千と千尋の神隠しと契約、サザエさんと家族法・親権法等あらゆる素材を駆使して法とは何かを説く。法学への興味を喚起することを意図とするテキスト。

»詳細を見る
 

ハンディ教育六法[2019年度版]
浪本勝年
廣田健
山口拓史 ほか
価格: 2,100円+税
現行教育法のみならず、資料・図表及び年表を充実させ、近現代の教育史上重要な文書や法令、及び教育制度の図表化等で相互関係的かつ歴史変遷的に理解できるよう工夫した教育関係者必携の教育六法。2019年版では、「専門職大学設置基準」、「専門職短期大学設置基準」、「障害者による文化芸術活動の推進に関する法律」を新収録し、また、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」、「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」を収録した。さらに、教育法年表の増補を行った。

»詳細を見る
 

学校教育学の理論と展開
田沼茂紀
価格: 2,200円+税
学校現場では、いじめ・校内暴力・授業放棄・引きこもり・自殺など、学校病理と言われる状況が問題化されている。学校教育制度が子供にもたらす影響の大きさは、政治的利用の過去を繙くまでもなく、子供のみならず、国家・社会にとっても看過しがたい。そもそも子供にとって学校とは何か?国家・社会にとって教育とは何か?を根本から学校教育学の視点で見つめ直す。学校教育を作り上げている教育思想・教育原理を振り返り、それを体現する教師教育を視野に、教育課程、教育原理、教師論を展開する。

»詳細を見る
 

障害のある子どもへのサポートナビ
特別支援教育の理解と方法
松浦俊弥
角田哲哉
価格: 2,000円+税
特別支援教育の基礎について学べる入門書。特別な配慮に関する基礎知識や法令等に基づいた教育についてやさしく学べる。各教育現場の教員や、保育者、保護者などが直面している「障害のある子どもへのサポート」についての悩みをQ&A形式で解説し、各支援現場においてどのような悩みがあるのかも知ることができる。コアカリキュラムに対応し、法令等に基づいた教育をするための学びも充実した一冊。

»詳細を見る
 

子どもの保健
山本 勇 監修
山本 智子
価格: 1,400円+税
保育士養成課程教科目「子どもの保健」対応テキスト。保育現場で起こりやすい心身の症状とその理解、現場での対応の仕方、また関連する各種の制度についてコンパクトに解説。「子どもの保健」を学習する意義がわかるよう支援する。国家試験や公務員試験対策、また現場の研修用にも最適。

»詳細を見る
 

教師と学生が知っておくべき特別支援教育
北島善夫・武田明典編著
価格: 1,700円+税
教育職員免許法改訂に伴い新必修科目となった特別支援教育の分かりやすいテキスト。主に発達障害支援を軸に、子どもたちの特徴や特別支援教育の現状、また多様な教育支援体制とそのポイントを解説。用語解説を伏し最新トピックも盛り込んだ、充実の入門書。

»詳細を見る
 

教育相談の理論と方法
会沢信彦編著
価格: 1,800円+税
コアカリキュラムを網羅し、「チーム学校」を機能させる教育相談を目指したテキスト。基礎基本の知識を実践現場で活用しやすいよう、事例を交えつつ丁寧に解説。

»詳細を見る

AmigoDatabase - 管理