北樹出版の大学教科書

北樹出版の大学教科書

検索結果

258 件 (8190件目 - 9P/全26P)

 

仏教と福祉
共済主義と共生主義
芹川博通著作集 第7巻
芹川 博通
価格: 6,000円+税
仏教の歴史における福祉の原理・思想の形成過程を詳説し、いかに社会事業として実践されてきたかを解説。

»詳細を見る
 

近現代仏教思想の研究
伝統と創造
芹川博通著作集 第6巻
芹川博通
価格: 6,000円+税
広範囲にわたる思索と研究の領域から宗教学、比較思想そして近現代仏教思想に関する多年にわたる論考を中心に集大成した研究成果。分析と統合の重厚な構成が瞠目される時代の要請に応えた注目の第6巻。

»詳細を見る
 

生きることと哲学すること[新版]
松山 壽一
価格: 2,300円+税
網羅的な概説を避け、明快で親しみやすく、読み物としても面白い、哲学の実質をも備えた入門書を意図して、人間とは何か、生きることの意味とは何かの問いに答えることにより初心者を哲学へ誘う。


»詳細を見る
 

現代宗教論
衰退論と不滅論
芹川博通著作集第5巻
芹川 博通
価格: 6,000円+税
宗教の構造や機能を概観した上で宗教をどのように捉えるか、筆者の宗教学の枠組みを提示。更に現代社会における伝統宗教の現状と課題及び新興の宗教ありようなどを論考した力作。


»詳細を見る
 

近代日本の思想家とイギリス理想主義
行安 茂
価格: 5,200円+税
近代日本の思想家とT.H.グリーンの思想の影響、展開を詳説する。グリーン他、J.デューイなどを論考しながら、イギリス理想主義と20世紀の思想動向を捉えた充実の論集

»詳細を見る
 

倫理学への助走
「わかる」と「わからない」のあいだ
藤本 一司
価格: 1,600円+税
「わかる」という「私の自明性」にどっぷりとつからずに、当たり前だと思っていたことを疑ってみる、考えることへの誘い。善とは何か、悪とは何か、私とは・・・。人間の永遠のテーマに分かりやすく親しみやすく取り組んだ入門書。


»詳細を見る
 

知と心の教育
鎌倉女子大学「建学の精神」の話
福井 一光
価格: 2,000円+税
鎌倉女子大学の建学の精神を紐解くことにより、現代社会・教育の諸問題を見据えつつ、教育の理念・本質とは何かを考える。


»詳細を見る
 

仏教の人間観
大正大学綜合仏教研究所「仏教的人間学」研究会
価格: 3,200円+税
21世紀の仏教の在り方を考える論文集。釈尊の悟られたダンマという仏教的視点と人間の理性を融合し、その精神作用を持続させ、反覆させることで共生の根拠が自然に見えてくる、その仏教観に基づき「人間」を考察する。

»詳細を見る
 

宗教と社会
マックス・ウェーバー論
芹川博通著作集第1巻
芹川博通
価格: 6,000円+税
第1部にてマックス・ウェーバーの宗教社会学とは何か、その宗教社会学の特色を示し、第2部では宗教の経済倫理と経済精神を論考した。さらに第3部ではマックス・ウェーバー論の諸相や展開を紹介。

»詳細を見る
 

仏教とキリスト教U
比較思想論
芹川博通著作集第4巻
芹川博通
価格: 6,000円+税
広範囲に及ぶ思索と研究の領域から宗教学・比較思想・近現代仏教思想に関する多年にわたる論考を中心に集大成。芹川博通著作集の第4巻。異文化としてのキリスト教が仏教者たちにどのように解釈され、捉えられていったかを詳述。


»詳細を見る

AmigoDatabase - 管理