北樹出版の大学教科書

北樹出版の大学教科書

検索結果

258 件 (101110件目 - 11P/全26P)

 

愛と死の哲学
伊藤益
価格: 2,500円+税
徹底した利他行を求めて自己否定を意味する田辺元の「愛即死、死即愛」の思想は、自己正当化、自民族正当化がもたらした現在の危機打開のために今なお意義を持つ。理想論への不断の実践を課す哲学者として論究。

»詳細を見る
 

生命倫理
21世紀のグローバル・バイオエシックス
坂本百大編著
価格: 2,500円+税
人間と環境についてグローバルな視点から21世紀のバイオエシックスを考える。生命倫理上の問題の構造と取り組み方、解決法等、各分野最高水準の執筆者による知識の羅列でないレベルの高い解説と論究。

»詳細を見る
 

人−間の論理
ミッシュに寄せながら
速川治郎
価格: 5,500円+税
著者長年にわたる論理学研究の集大成。生の哲学に基づきながら、ゲオルグ・ミッシュに引き寄せつつ論考を重ねる。また、洋のいかんを問わずさまざまな思想と比較しながら、多角的に論を展開させた力作である。

»詳細を見る
 

環境の世紀を歩む
人間・環境・文明
三村泰臣
価格: 2,300円+税
深刻な環境問題の中に生きる人類の選択すべき道と責任は何か。地球・生命・人類の歩みを俯瞰し、環境を支配しようとする世界観を再構築するための学問のあり方とともに、人間と環境の関わりを考える。

»詳細を見る
 

人間形成論入門 
行安 茂
価格: 2,200円+税
人間形成の問題をなぜ考える必要があるのかを最近の社会に起きた様々な出来事等を取り上げ、問題の所在を具体的に示し、理解しやすいようにまとめ上げる。人間学、倫理学のテキストとして最適。


»詳細を見る
 

無と愛の哲学
中富清和
価格: 3,700円+税
混迷の現代に求められる独創的人生観・世界観の第一原理としての無を取り上げ、パスカル、ニーチェ、ハイデガー等を逍遥、批判し西欧哲学の挫折を論証。ついに老子、荘子の無を問い、ベルグソンの実在との共通を論証して東西の思索の共通基盤の確立に導く大著。

»詳細を見る
 

日本の福祉思想 
新保哲編著
価格: 2,300円+税
高齢化時代の到来による福祉・介護に対する啓蒙書として福祉の原点である福祉思想を多角的に掘り下げ、日本における福祉思想がいかなるものかを平易にまとめあげる。福祉を目指す人々に提起する。

»詳細を見る
 

ヨ−ロツパ精神史(増補版) 
現代思想選書
飯塚勝久
水野建雄編著
価格: 2,600円+税
システムとしての哲学理論の紹介にとどまることなく、それらの哲学理論を育んだ、それぞれの時代の精神的境位を明らかにする。精神史的教養を内に含んでこそ成り立つ歴史哲学的考察を新たに加えた。

»詳細を見る
 

高橋和巳作品論 
自己変容の思想
伊藤益
価格: 2,600円+税
著者の人生を方向付けた橋和巳の作品との出会いから、60年代という一時代を画した作品群の根底を貫く思想を追走することにより、作品の只中に参入し、自己の原点を探るとともに、一つの時代を見直す試み。

»詳細を見る
 

生命倫理の問題と人間の生き方
行安 茂
価格: 2,300円+税
現代の倫理的諸問題に対し解決の指針を与える倫理学として、生命倫理の問題と逃避と自己実現の問題に迫る。脳死・臓器移植を中心に死生観の構築と先哲の思想の考察により現代にどう生きるかを考える。

»詳細を見る

AmigoDatabase - 管理