北樹出版の大学教科書

北樹出版の大学教科書

検索結果

98 件 (4150件目 - 5P/全10P)

 

戦後日本の地方分権 
その論議を中心に
石見豊
価格: 2,800円+税
「地方分権」とは何か
諸外国の分権の動きをも視野に入れ、戦後展開された地方分権に関する論議と改革内容の変遷を特徴、問題点を指摘しつつ、今後の課題を提示することにより歴史的に分析した好著。

»詳細を見る
 

ガバナンス 
総合政策シリーズ
上條末夫編著
価格: 2,000円+税
総合政策の概念とは何かを明確に把握できるよう図解で解説しつつ、グローバル化や情報化への対応、公共の担い手の多様化に伴う公共性概念の再構成にも目を向け、行政の今をわかりやすく解説した好著。

»詳細を見る
 

現代国際政治史 下 
斎藤直樹
価格: 2,900円+税
冷戦の勃発から東欧共産圏の解体、両ドイツの統一、ソ連の解体による冷戦の終焉まで、そして重大な課題として浮上してきた多発する地域戦争への対応、および新世界無秩序時代の到来などを簡潔に概観する。

»詳細を見る
 

太平洋戦争期日本自動車産業史研究
大場四千男
価格: 2,700円+税
戦時経営システム論、企業論、テクノロジー論を統合する戦時日本資本主義のダイナミックな経営構造を戦時経営史方法論としてまとめ、特にテクノロジー論を戦時自動車産業の発達と関連づけ分析する。

»詳細を見る
 

ベーシック国際関係論
上村信幸編著
価格: 1,900円+税
冷戦崩壊後の変貌著しい国際社会をどう捉えれば良いのか。国際関係論の基本と課題を学ぶ。基本原理・国際組織の構造と機能・歴史的観点・地球社会が抱える諸課題・研究ツールとしてのインターネットを考察。


»詳細を見る
 

国際機構論 新版
21世紀の国連の再生に向けて
斎藤直樹
価格: 2,900円+税
湾岸戦争以後地域紛争の解決に国連が積極的役割を果たすことへの期待感が高まっている。集団的安全保障体制と平和維持活動の進展を整理・検証しつつ国連がどうすればそうした役割を担うるのか探る。

»詳細を見る
 

政治学原論 
龍円恵喜二
価格: 2,200円+税
政治の基本的機能としての選挙民、利益団体、マス・メディア、政党、国会、官僚等に関する現時点の問題点を明らかにすることにより各命題として要約する。政治学全般を平易に解説した最新の概説テキストと好評。

»詳細を見る
 

前近代日本の法と政治
邪馬台国及び律令制の研究
上野利三
価格: 3,500円+税
律法時代帰化士族の論考、大宝律・養老律の条文復旧の研究、邪馬台国の重要な論点に関する見解等著者多年にわたる多角的な研究の成果を7つの論文によってまとめあげた貴重なる労作として注目される。

»詳細を見る
 

地方自治と政策展開 
土岐寛
平石正美
石見豊
価格: 2,500円+税
「地方自治の基礎概念-理論と比較」「地方自治の基本問題-歴史と制度」「地方自治の最新動向-環境変化と個別政策」の3部構成で、目覚しく動く最近の地方自治の問題点を平易にまとめた基本的テキスト。

»詳細を見る
 

国際政治論 再改訂版
高村忠成
価格: 2,600円+税
国際政治の歴史的流れを基盤にしながら現在を把握するための理論と実体、将来をみすえるためのパラダイムを論述。目まぐるしい国際政治を、読者が自分なりに考えていくための目を基礎から鍛える。

»詳細を見る

AmigoDatabase - 管理